読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶししかしないブログ

無名バンドマンの考えごととか

雑童話紹介「エパミナンダス」

こんにちはササクレです!

 

昨日は仕事が少なかった(発注あんまり貰えなかった)ので、髪を切りに行ったのですが、明らかによく喋る雰囲気を出している美容師さんにも関わらず、全く会話がなかったことに一抹の不安を覚えました。

 

いや、ホストかよ!っていうくらい喋られるのも嫌なんですけど、なかったらなかったで不安になりますよね。

人間とは我が儘な生き物ということがよく分かる事例かもしれません。

 

さて、今回は幼い頃に読み聞かせられたエパミナンダスという童話を紹介したいと思います。

 

しかし、幼稚園くらいの時の聞いた話なので何分記憶があやふやになってることは否定できません。

 

どんな話かというとエパミナンダスという男の子(女の子かもしれない)がめっちゃアホなんで、母親から言われたことを真に受けすぎて色々なことを失敗するみたいな内容だったと思います。

 

母親がことある毎に「エパミナンダス、お前は本当にバカだねえ!」と言うシーンがあったことは覚えているのですが、むしろそれくらいしか印象に残ってません。

 

しかし、何かしらの警句的なものが込められていたはずなので、思い出しながら構築していこうと思います。

 

書き終わってから調べたらこのサイトが正解を示していたので、事前にチェックしてください。

blog.goo.ne.jp

 

はじまりはじまり

 

あるところにエパミナンダスという変な名前の少年だか少女だかがおりました。

エパちゃんは、名前が変だというせいか恐らく学校でもイジられキャラになっており、校外学習で市営バスに乗る時は無理矢理一万円札で降りることを強要されて、後ろに長蛇の列を作ってはバッシングを浴びたりしていました。

 

ある日お母さんから、隣町に住むおばあさんの家に行ってチーズケーキかなんかそういうの(たぶんケーキ系だったのは確実)を受け取って来いと言われました。

 

しかし、エパちゃんは飛び抜けたバカなので保存方法について充分に注意しなくてはなりません。

 

そこでお母さんは、形が崩れないように気を付けるんだよ。的なことを言ったはずです。(たぶん)

 

けれども、エパちゃんは何故か握りしめてしまったが故にケーキはボロボロに、お母さんは怒りのあまりにご自慢のニューヨークスタイルの早口でエパちゃんをボロクソにディスることになり、これがヒップホップ誕生の瞬間だと言われています。

 

しかし怒ってばかりいると更年期障害になってしまうのは確実なので、丁寧に持ち帰り方を教えまして、その方法が確か、葉っぱに包んでから頭の上に乗せて、帽子を被る。的なトリッキーかつ斬新な方法だったはずです。

 

で、次はおばさんからバターがあるから取りに来いと言われまして、持ち帰り方法にはケーキと同じ方法を選択するエパちゃん。

当然のことながらバターはドロドロになってしまって、油塗れになって変な性癖が開花する寸前のところでまた叱責を受けました。

 

なんかお話のキモとしては以前に教えられたことだけを遵守するから、ダメみたいなかんじだったと思うんですよね・・・。

 

で、懲りないことに今度は犬を取りにこいと言われまして、犬をバターを持ち帰る方法で連れて帰ろうとしてしまい半殺しにしてしまうのですが、まじでこのあたり覚えてない。

 

そもそもケーキの持ち帰り方法がかなり突拍子もないので、バターもそれに準じていたはず・・・。

 

結果として犬が死にかけているからかなり危険な方法・・・。

 

あ!!!!!!!

 

分かりました。バターって溶けやすいから冷やすことが重要じゃないですか。

とくると必要なのは冷蔵庫ということになるので、たぶん帰路の途中にある家かなんかに侵入して凍らせてから帰ってきなさい的な?

不法侵入を奨励している時点で間違っている気しかしませんが、他に方法を思いつけません。

犬を同じように冷やしたらいつかは死んでしまうのでおそらく合っているはずです。

 

そして最早死にかけの犬を連れて帰宅するエパミナンダス。

生類憐れみの令の教えが今も忘れられないお母さんの怒りはそれはもう凄まじいもので、地を揺らし、天を叫ばせ、後に富士山の大噴火に繋がることになります。

 

犬を持ち帰る時にはリードをつけなさい!と言いくるめます。

 

そろそろ飽きてきたんで適当にラストまで説明しますね!

 

最後にフランスパンにリードを付けて引きずって持ち帰ったことによってお母さんは絶望のどん底にたたき落とされることになります。

あまりにも凹んでいると幻聴が聞こえてきたので、思わず橋の上で耳を塞いでいるところをムンクという高名な画家に目撃されて、絵にされてしまったのはあまりにも有名な話です。

f:id:sasakure_writer:20160527194526j:plain

この絵が描かれた背景に親子のすれ違いが存在していたと思うと、味わいぶかく鑑賞することができます。

 

そして最後になんかあったと思うんですけど、まじで覚えてないので以上です。

 

如何だったでしょうか?かなり有名な話らしいので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

 

僕はいまさっき未納分の年金があることが発覚したので、それどころではありません。

 

みんなも払い忘れには気を付けましょうね!

 

最後に思い出すために書いた相関図を貼っておきます。

 

f:id:sasakure_writer:20160527194824j:plain